初詣の癒し系の職業仕事

初詣の癒し系の職業仕事2

職業と仕事

初詣の癒し系の職業仕事2

初詣のアートセラピスト

アートセラピストとは?
絵画や彫刻・造形活動を通して精神的・心理的な悩みや問題を抱える人の回復を助ける。心を癒す。癒しの手法である。
(アートセラピー=心理療法・芸術療法)
アートセラピストになるには?
アート全般の基礎知識と心理学やセラピーの専門知識が必要。
アートセラピストの業態など
セラピー機関、病院、老人福祉施設などで非常勤として働く。

初詣の園芸セラピスト

園芸セラピストとは?
園芸やガーデニングを通して、ストレスや悩みを抱える人々の心を癒す。
園芸セラピストになるには?
園芸セラピー科を卒業したもの。
園芸セラピストの業態など
福祉施設や園芸系に勤務がボランティアとして活動。カルチャースクールに勤務もある。

初詣のカウンセラー

カウンセラーとは?
心理学の理論と技術に基づき、何らかの心理的問題を持つ人が問題を解決していけるように援助する仕事。
カウンセラーになるには?
資格は統一されていないので臨床心理士以外にも様々な資格のカウンセラーがいる。
カウンセラーの業態など
学校、病院、福祉、司法、福祉施設以外にも、個人で開業している臨床心理士も徐々に増加しつつある。

初詣の仏教僧侶

仏教僧侶とは?
寺院の管理・運営を行い、宗教活動に従事する。また、種種の仏教儀式を執り行い、葬儀法要を執行、死者に戒名を授与するなどする。兼業も多い。
仏教僧侶になるには?
仏教僧侶になるためには寺院に属し得度を受け、僧籍に登録される必要がある。世襲の色合いが濃く、僧侶の子弟が職業を継ぐ場合が多い。
仏教僧侶の業態など
近年は寺院数もほぼピークに達し、また世襲の色合いも濃いことから、需要は横ばいである。


初詣の癒し系の職業仕事TOPに戻る